変形性関節症とは

変形性関節症とは、関節の構成成分である軟骨がすり減ってしまい、関節の形態が著しく変形してしまう病気です。
50歳以上の1000万人が変形性膝関節症による膝痛を経験しています。

病状

関節周囲の疼痛、腫脹、引っ掛かり感、違和感など

 

原因

関節表面を覆う関節軟骨は軟骨細胞と関節外の2型コラーゲンプロテオグリカン(糖タンパク)が主成分です。年齢を重ねるにつれて軟骨が徐々に削れてしまい関節の痛みや変形が徐々に伴うようになり、変形性関節症を発症します。関節軟骨には血行や神経線維の分布はありません
関節症では機械的刺激などにより軟骨の変性・磨耗を生じ、また関節周囲を取り囲む滑膜の炎症が併発して変性が加速します
変形性関節症の発症には、遺伝、年齢、性別、肥満、職業など、遺伝因子と環境因子が関わっていると考えられています。

 

病態と症状の関連としては、関節炎に伴う自発的疼痛と腫脹、腫脹による動かしにくさや可動域制限が生じます。軟骨磨耗の進行により関節炎が起こりやすくなり、荷重の繰り返しにより疼痛を感じやすくなります。
軟骨が消失するとある程度以上の荷重刺激により疼痛を感じ、それを繰り返し、徐々に悪化していきます。関節炎の繰り返しにより関節包の線維化が進行し、疼痛閾値が低下していきます。動き始めの動かしにくさも目立ってきます。

 

診断

年齢、症状、X線(レントゲン)写真による骨棘形成、関節裂隙の狭小化、軟骨下骨の硬化、関節裂隙の消失などで診断します

 

関節症の発症は、種々の遺伝子素因を背景として、使いすぎや体重負荷、外傷を契機に軟骨磨耗が起こり、進行して発症します。しかし必ずしも軟骨磨耗によって症状が起こるとは限りません。したがって症状が起こってからはじめて診断がつくことも多いです。

 

保存療法

運動療法、薬物療法(消炎鎮痛剤の経口投与やヒアルロン酸製剤の関節内注入など)、装具療法(軟性・硬性など種々の装具、杖などの補助具など)があります。

 

手術療法

関節鏡視下手術や各種骨切り術などを適切に組み合わせた関節温存手術や、人工関節置換術に代表される関節形成術があります。

 

予防

高齢化の進む近年の日本では、運動機能が低下してしまい寝たきりにつながることも増えてきています。
こうした状態を避けるためにも、適切な運動を日常的に取り入れ、病気を予防することが重要です。
加齢とともに体内のコンドロイチン硫酸は減少し、成長期を過ぎるとコンドロイチン硫酸の 合成は分解に追いつかなくなるといわれています。
そこで、コンドロイチン硫酸を摂取することで、 関節を柔軟にし、円滑に可動させたり、皮膚のうるおいの保持などの予防や改善に効果があるといわれています。

変形性関節症に対するコンドロイチン研究

ギリシャ語で「軟骨」を意味しているコンドロイチンは、ムコ多糖体と呼ばれる粘性物質で、プロテオグリカンという軟骨の成分の1つです。コンドロイチンは、軟骨・目の角膜・骨・各臓器・皮膚などに分布しており、中でも関節軟骨に多く含まれています。
コンドロイチン硫酸は、生体内でコラーゲンやその他のたんぱく質と結合して存在しており、カルシウムの代謝、物質の透過、水分の保持・調節の機能があります。加えて、関節などにおいては物理的な刺激に対する吸収剤としても重要な役割を果している成分です。そのため、関節液や皮膚などの結合組織に多く含まれています。
コンドロイチン硫酸は関節痛や肩関節周囲炎(五十肩)、眼角膜の保護などに効果があることから、まず医薬品として許可され、その後、化粧品や食品添加物、健康食品などにも幅広く利用されています。

2013年11月まで実施された研究について調べ、9,110例を対象とした43件の研究をも出した。
・コンドロイチンは短期間(6カ月未満)でわずかに痛みを改善する可能性がある。
・膝の痛みが20%改善した人はコンドロイチン群でわずかに多かった。
・Lequesne指数(痛み、機能、障害の複合指標)によれば、コンドロイチンはおそらく生活質をわずかに改善する。
・有害事象や重篤な有害事象について、コンドロイチンと他の薬剤の差はほとんどなく、もしくはまったくない。
・患部のX線ではコンドロイチンが関節腔の狭小をわずかに遅らせることがわかった。
Cochraneより引用《実施組織》厚生労働省「総合医療」に係る情報発信など推進事業」訳注

 

コンドロイチンの効果を引き出すためには1日の目標摂取量を毎日続けて摂ることが大事です。

 

●1日の目標摂取量をしっかり摂る
グルコサミン・コンドロイチンの作用をより確実にするために、1日の目安となる摂取量を守ってください。一般的に、1日あたりグルコサミン1500r、コンドロイチン800〜1200rの摂取量が目安だといわれています。後述するように、効果不十分例では倍量まで増やすこともあります。

 

●毎日欠かさず飲む
鎮痛剤のように即効性はありませんが、サプリメントは長期間、定期的に摂取することでゆっくりと痛みが取れてくるという特徴があります。できるだけ毎日忘れずに摂取してください。

 

●体調の変化を感じたら中止する
他の薬と同じように、使用中に体調の変化や何らかの異常を感じたら、すぐに飲むのをやめて医療機関を受診してください。

 

 

コンドロイチンとグルコサミンの違い

コンドロイチン

ムコ多糖の1つ
軟骨の主成分であるプロテオグリカンを構成する成分
納豆や山芋など、ネバネバとした食品に含まれていることが多い

グルコサミン

アミノ糖の1つ
軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作り出す原料
納豆や山芋などのほかに、エビやカニなど、甲殻類の殻にも多く含まれている

 

健康な体づくりに欠かせないコンドロイチンとグルコサミンは、それぞれ別の働きをしながら、互いに影響を与え合います。コンドロイチンとグルコサミンは相性が良く、2つの栄養を同時に摂取することで、相乗効果を期待することができます。

 

ーコンドロイチンが含む食品ー
納豆 山芋 里芋 なめこ オクラ 海藻 フカヒレ すっぽん うなき

 

ーグルコサミンが含む食品ー
小エビ ウナギ イカの軟骨 きのこ類

 

日常生活で1日あたりグルコサミン1500r、コンドロイチン1200rの摂取量を食事からすべて取り入れることはとても難しいです。

 

サプリメントを調べてる内、コンドロイチンサプリの原料には植物性動物性と2種類がありました。
植物性のコンドロイチンサプリは、動物性のものに比べて吸収性が低いため、植物性のコンドロイチンサプリを利用しても、サポート効果をあまり期待できません。そのため、関節痛の改善・予防のためにコンドロイチンを摂取したい場合は、原料が動物性のコンドロイチンサプリを選びましょう。

 

 

 

 

コンドロイチンの種類

コンドロイチンサプリは原料によりサメ、サケ、イカ軟骨、鶏軟骨、牛豚軟骨成分があり値段もさまざまです。

サメ軟骨 C型コンドロイチン

サメは骨の約70%が軟骨です。でもコンドロイチンはサメ軟骨全体から約0.4%しかとれないです。
成分は、特殊なタンパク質とコンドロイチン硫酸だと考えられています。
そのほかにもムコ多糖体も含まれていて、免疫活性作用があることがわかっています。
ただし、動物性のコンドロイチンであっても、原料表記に「コンドロイチン含有サメ軟骨」と書かれている場合は注意が必要です。原料表記にあるコンドロイチン含有サメ軟骨は、コンドロイチンそのものではなく、コンドロイチンが含まれているサメの軟骨のことです。原料表記にコンドロイチン含有サメ軟骨と書かれている場合、コンドロイチンは、実際に表記されている成分量のうちの10〜15%ほどしか含まれていないことが多くあるので注意しましょう。

    サメが注目されたのは、発ガン物質を高濃度に入れたプールで飼養されてもガンにならないからで、サメにはガンにならない何かがあると研究されたのです。
    その結果、サメの軟骨のなかの血管造成抑制物質が、ガン細胞の増殖に必要な血管のネットワークを作りにくくするからだということがわかりました。
    「ガン細胞は、自らの成長に栄養血管をほしがるので、新生血管のネットワークを、作らせなくするようにすればよいのです。」驚異的な抗ガン作用は、軟骨に含まれている抗脈管形成成分と呼ばれるタンパク質の一種だとわかってきました。
    アメリカでの研究によると、腹部に外科的な手術もできないほど巨大なかたい腫瘍ができた患者に、サメ軟骨を投与したところ、6週間後には腫瘍がやわらかく変化し、16週間後には腫瘍が2割ほど小さくなっていました。これは、サメ軟骨の血管生成を抑える効果によって血管が絶たれ、腫瘍に栄養がいかなかったためです。

サメ軟骨は、子宮筋腫のような両性の腫瘍にも有効で、良性とはいえ血管をつくって栄養を補給しているため、ガンを死滅させるのと同じメカニズムで腫瘍を小さくすることができ、乳ガン、前立腺ガン、子宮ガン、中枢神経腫瘍、子宮筋腫など、新生血管の形成がより盛んな固形ガン、さらに糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、骨関節症やリウマチなどにも有効

 

イカ軟骨 E型コンドロイチン

コンドロイチン

イカ一匹から0.01%しか採れないコンドロイチンです。30kg 程のイカから約6g しかとれない希少成分です。
イカ軟骨由来の「E型」には「A型」や「C型」にはない抗炎症・骨強化・筋肉増強の作用があります。
さらに、軟骨成分であるコラーゲンの産生や骨芽細胞の増殖には5倍以上の活性差があります。
イカコンドロイチンの筋肉増強作用
E型コンドロイチン硫酸(CS-E)の重要な働きは血液中のオステオカルシン(OCN)濃度をたかめます。オステオカルシンは、男性ホルモンの産生を誘導するホルモンです。男性ホルモンには筋肉増強作用があります。

 

 

豚軟骨由来 A型コンドロイチン

ヒトと豚のコンドロイチンは主に「A型」と「C型」です。
ヒトの体内のコンドロイチンの量がもっとも多いのは産まれた頃で、その後は減少していくことがわかっています。特に減少が激しいのがA型です。C型もわずかに減少しますが、A型のコンドロイチンは加齢とともに減少が激しく、20歳頃から40歳までに急激に減ってしまいます
ある研究によりますと「中高年の健常者48名に豚由来コンドロイチン硫酸350mgを含む錠剤を1日1回、3ヶ月間摂取していただき、膝関節の痛みや違和感を測定しました。その結果、プラセボ群と比べて階段ののぼりおりや正座をする時の違和感が低下しました」報告があります。

コンドロイチンZS錠

コンドロイチン

関節痛、神経痛、腰痛、五十肩、神経性難聴、音響外傷性難聴、疲労回復
1回2錠,1日3回服用  1,560mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
60錠(PTP)2,400円
108錠 3,695円
180錠 5,600円
270錠 7,505円

 

 

サンヘルス コンドロイチンAコンドロイチンうれしい価額

コンドロイチン

A型コンドロイチン豚由来の軟骨抽出物

1日9粒(2.97g)あたり)コンドロイチン硫酸 1560mg、グルコサミン 135mg定価4,860円

原材料
豚軟骨抽出物、難消化性デキストリン、結晶セルロース、グルコサミン、ショ糖脂肪酸エステル、パントテン酸カルシウム、乳糖カルシウム

 

 

 

E型 イカコンドロイチンGAGs ギャグズ

コンドロイチン

特許成分マグジサリシレート潤・z合
(特許第5147218号)
総コンドロイチン含有量540mg/1包(1g)
定価 11,880円

  • 楽天市場
  • Yahooショッピング
  • 販売者 ハイドロックス株式会社

     

     

    容量 39g (1.3g(内容量1g、被包材0.3g)×30包)
    イカ軟骨抽出物(ChS-E)、褐藻エキス(マグジサリシレート)
    グルコサミン、青蜜柑果汁、アスコルビン酸(ビタミンC)
    「エビ、カニ」の成分を含んだ原料を使用
    総コンドロイチン含有量540mg/1包(1g) *全てペルー産オオアカイカ由来
    E型コンドロイチン含有量360mg/1包(1g) *全てペルー産オオアカイカ由来

     

    GAGsはイカ軟骨成分(E型コンドロイチン)に特許成分である褐藻由来の物質マグジサリシレート潤・・z合しました。
    マグジサリシレート潤・ノは抗炎症作用があります。
    痛みが発生している場合にはその部位に炎症が起こっています。炎症が起こることでCOX-2が発生し、炎症を促進させます。

     

     

    Dear-Naturaコンドロイチン

    コンドロイチン

    90粒/30日分 1日3粒が目安
    コンドロイチンを3粒中に455mg配合
    グルコサミン100mg
    定価 1,650円 

     

    コンドロイチン含有サメ軟骨抽出物末
    ヒアルロン酸、セルロース、グルコサミン(エビ・カニ由来)、ビタミンB1、デンプングリコール酸Na、ビタミンB6、ビタミンB2、ステアリン酸Ca、セラック

     

     

    DHC コンドロイチン

    コンドロイチン

    90粒/30日分 1日3粒が目安
    コンドロイチン硫酸430mg
    定価 1,166円

     

    II型コラーゲン25mg、CBP3mg、ローヤルゼリー、カキエキス、亜鉛も配合

     

    マルチトール(国内製造、タイ製造)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有)、軟骨抽出物(II型コラーゲン、コンドロイチン硫酸含有)(鶏肉を含む)、還元水飴、乾燥ローヤルゼリー、カキエキス末、亜鉛酵母、濃縮乳清活性たんぱく(乳成分を含む)/グリセリン脂肪酸エステル、セルロース、糊料(アラビアガム)、微粒二酸化ケイ素、卵殻Ca、セラック、酸化防止剤(ビタンE)、カルナウバロウ

     

     

    世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン

    コンドロイチン

    『グルコサミン+コンドロイチン』は、これら2つの成分に加え、話題の栄養成分「ヒアルロン酸」「II型コラーゲン」「しょうが末」「糖転移ビタミンP」「ビタミンC」など、7種類もの素材をたっぷりと配合
    コンドロイチン300mg
    240粒/30日分 1日8粒が目安 
    定価 4,180円 

    【原材料】 グルコサミン(カニ、エビ由来)、サメの軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、ショウガ末、ヒアルロン酸、鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)、デキストリン、セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、糖転移ビタミンP、シェラック【主要成分】 8粒中にグルコサミン1200mg鮫の軟骨抽出物(コンドロイチン20%含有)300mg、ヒアルロン酸5.04mg、鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)3.36mg【栄養成分】 8粒(2.4g)あたり: エネルギー/9.46kcal たんぱく質/0.58g 脂質/0.03g 炭水化物/1.72g ナトリウム/4.56mg

     

     

    筋骨グルコサミン

    コンドロイチン

    1日(10粒)あたりで、グルコサミン2,000mgと筋骨草エキス末100mg、コンドロイチン250mg、コラーゲン100mg、MSM10mgを摂取 定価3,132円

     

     

    高純度グルコサミンコンドロイチン低分子ヒアルロン酸

    コンドロイチン

    270粒/30日分 1日9粒が目安
    定価 2,484円 
    サメ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸70%含有)200mg

     

     

    グルコサミン1500mg、サメ<軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸70%含有)200mg、低分子ヒアルロン酸10mg、フィッシュコラーゲンペプチド100mg、鶏軟骨抽出物(U型コラーゲン含有)20mg、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物1000μg、筋骨草エキス末10mg、骨砕補エキス末10mg、大豆胚芽抽出物5mg(大豆イソフラボンアグリコン1.3mg)、バリン50mg、ロイシン100mg、イソロイシン50mg、イミダゾールジペプチド含有鶏肉抽出物15mg、ヘスペリジン1.5mg、ビタミンB1 3mg、ビタミンB6 3mg、ビタミンD 2.5μg、カルシウム30mg、マグネシウム15mg、亜鉛1mg

     

     

     

    SUNTORY グルコサミンアクティブ

    コンドロイチン

    360粒(約60日分) 1日摂取目安量:6粒
    定価 4,374円

     

    機能性関与成分[6粒(2.25g)あたり]
    グルコサミン塩酸塩/1200mg、コンドロイチン硫酸/60mg、ケルセチン配糖体/45mg
    サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・II型コラーゲン含有)(国内製造)/グルコサミン(かに・えび由来)

     

     

     

    北の恵み

            

    コンドロイチン

    コンドロイチン ヒアルロン酸と好相性 2型コラーゲン
    93粒(約30日分) 1日摂取目安量:3粒
    3粒中 プロテオグリカン10mg+非変性II型コラーゲン10mg
    鮭鼻軟骨抽出物加工食品 5,960円

     

    還元麦芽糖水飴、デキストリン、ボスウェリアセラタ樹脂抽出物、キャッツクロー抽出物、鮭鼻軟骨抽出物(非変性プロテオグリカン、非変性II型コラーゲン含有)、チキンエキス(イミダゾールジペプチド15%含有)、ビール酵母(セレン含有)、セイヨウシロヤナギ抽出物、セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、抽出ビタミンE、ヒアルロン酸、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンD、ビタミンB12

     

     

    グルコサミン コンドロイチン コラーゲン 3in1

    コンドロイチン

    栄養補助食品として1日1-8粒を目安に
    540粒(約6ヵ月分) 1日摂取目安量:3粒
    販売価格 3,218円

     

     

     

    主成分1回3粒当り(300mg/1粒):グルコサミン375mg、コンドロイチン195mg、フィッシュコラーゲンペプチド105mg

    トップへ戻る